スポンサーリンク

VECTOR BALL ベクターボール 第32話 取り憑いた悪 感想

どぅも皆さん今晩は(`・ω・´)

今週号は合併号でテンションが下がる今日この頃・・・ガッペ(合併)ムカツク!いやワザとじゃないです・・・自分なりに面白いかなって( ノД`)

ってことでクヨクヨせず感想と考察いっきまーす。

今週号には人物紹介なるものが載っていますね~。これで始めても安心。

あらすじ

先週号では木筒つづみに貫かれているロゥダーとそれを見て叫んでいる織部の場面でしたね。では前回の続きを見ていきましょう。

VECTOR BALL ベクターボール 第32話 取り憑いた悪

 「取り憑いた悪」

貫かれたロゥダーをみて泣きながら木筒つづみに攻撃を仕掛ける織部、木筒つづみの首に織部が手から出した布が巻かれる。(織部の能力は布を操ること)

木筒

「ハッ、ビオクラスがたてつくな!!!」と布を切り刻むが、そこにロゥダーと織部の姿は無い。

「いない!?」

頻死のロゥダーをおんぶして廊下を逃げる織部

木筒

「チッ、まあいい」

「いただくものはいただいた」と手にロゥ・リサインが握られている。

f:id:deen1617:20170224010034j:plain

米炊

「木筒つづみ…、木筒つづみ…」何やら屋上で空を眺めながらだれだったかを思い出している様子。

「どっかで会ったことがある気がするんだよなあ」

ふと浮かぶ木筒の姿(なんかワカチコワカチコしてたいる木筒www)

「あ…、そうか…中学の時の…」

そこへ焦った様子で陽祐がやってくる

「いた!おかかさん!」「ロゥダーが!」

かけつける米炊

「棋学仔(ロゥダー)大丈夫か!?」目を閉じて寝ているロゥダー

「棋学仔!」

織部

「本当に危ない状態だったけど、ケガは私たちの力で塞いだわ」「生きてる」

ホッとする米炊

ロゥダー

「ノーマンは…どうした?」目を覚ますロゥダー

織部

「ロゥダー!?まだ安静に!」

ウルフ

「すまん…逃げられた…」

「ノーマン達と歪みの部屋(ゲートを作っている部屋)でロゥダー!を待ってたら突然知らない生徒が入ってきて…」(捕えられているノーマン達、そしてロゥ・リサインを手にした木筒

木筒

「ロゥ!リサイン!」ノーマン達が捕えられている水晶のようなものが割れる。

ウルフ

「オルガもいなかったし、ランナークラスの凄みにビビっちまって…」

ノーマン

「お前らはいずれオレの手足となって働いてもらう」

「消されたくなければ歯向かうなんてバカなマネはよしな」ウルフ達をものすごい圧迫感で脅すノーマン

f:id:deen1617:20170224010159j:plain f:id:deen1617:20170224010214j:plain

ウルフ

「すまない…何もできなかった」

米炊

「棋学仔を刺した奴の名前はわかるか?」

ロゥダー

「僕と同じ…1年C組、木筒つづみ」

米炊

「何!?あいつ…?」「ウソだろ?最近あいつと話したが思念体が入ってるとは思えなかった」

ロゥダー

「僕も…同じだ、気付けなかった…」「まさか…人間の魂を体に留めたまま思念体が入れる者がいたなんて…」

場面変わり外、第二のノーマン達仕様のゲートを作っている場所

三条

「門はちゃくちゃくと出来上がっていくわ」

ウルフ

「ブロックのコントローラーは遠くでも操作できるからな」

「ランナークラスが相手だと止めようがない…、ロゥ・リサインさえノーマンから取り返すことができれば…」

織部

「木筒さんは学校にも家にも帰っていないようよ」

「木筒さんの両親が今日学校に来ていた…」

「木筒さん…苦しいんだろうな、入ってる思念体の性格が最悪みたい…」

織部

「ロゥダーが言っていた、たぶん思念体の行動や言動は木筒さんの魂にも見えているって」

「自分の体で悪事を働かれていたら…」「それはきっと耐えられるものではないだろうって…」

雨の中、堤防に座りゲート作成のパズルをしている木筒

木筒の家庭内の回想

思念体が入る前の木筒の家庭の様子

木筒

「あれ…お母さんもう起きてるの?起しちゃった?ゴメンネ」

「お母さん不器用でご飯の準備に時間がかかるの」「ハイお弁当」(手は絆創膏だらけの母)

「つづみ最近元気ないでしょ?朝ご飯つづみの好きなもの沢山作ったわ」

場面変わり父

「運動が苦手なんだ?」「つづみは本が好きじゃないか、自信の持てるものが一つあれば泣かなくていいぞ」落ち込んでいる木筒に声をかける父

木筒が感想文コンクールで金賞を受賞し、父と母とともに涙する木筒

場面変わり、思念体が入った木筒の家庭

木筒

「飯作るのが遅えんだよ!何やってんだこの役立たず!」母に乱暴する木筒に泣きながら謝る母

そして父の胸ぐらをつかみ「てめぇのしつけがなってねぇんだろ!?殴りつけて手を早くさせろ!」と怒鳴る木筒

木筒の心(本人)

「やめてぇええっ!もうやめて!お願い!」

f:id:deen1617:20170224010350j:plain

場面変わり堤防

木筒(思念体)

「おっと…寝ちまったか、さすがに寝ている時は意志を持っていかれるな」

「いいよ、話そうか?つづみちゃんよ」

木筒の心(本人)

「私のお父さんお母さんに酷いことをしないで!」「お父さんお母さんを怖がらせたりしないで…」

木筒(思念体)

「いいじゃねぇか今までずっと身をひそめてたんだ」

「やっとノーマンの計画が動き出し私が遠慮なく表に出てきても良くなったんだよ」

「お前の体内にいながら見てたがお前の性格ひでえな」

「ウジウジして泣き虫でそれでいて良い子ちゃんな性格…」

「私がつぶれるまでイジメ抜きたい性格だ」とニヤリと笑う

「お前のとろい母親も稼ぎの悪い父親もイジメ抜いてやるよ!」

「母親の目の前で父親に火をつけてやろうか?」「ハハハッいいな!両親共に絶望する顔が目に浮かぶ」やめてくれ、助けてと懇願する木筒(本人)

木筒(思念体)

「誰が助けられる!!?警察か!?怪しい悪魔祓いをしてくれる宗教か!?」声を押し殺して泣く木筒(本人)

「ハハハッ叫ぶのも辛くなって内に押さえ始めたか!?」「いいぞ!壊れるまでもう少しだ!!!アハハハハハハハハハッ!!!」

f:id:deen1617:20170224010443j:plain

米炊

「やっぱりここか?前に苦しんだ時もここだったよな?」

f:id:deen1617:20170224010458j:plain f:id:deen1617:20170224010508j:plain

↑でセリフを感じてください。(見開きで作者のこだわりを感じます)

まとめ

まさにロゥ・リサイン強奪合戦になってますね~(チートアイテムすぎる…)

現在は木筒によってノーマンの手にあり、ノーマン一派の謀反が始まりましたねノーマンの強さを抑えることはできるのでしょうか?十文字フラグかぁーーー!

思念体ってケガしてもすぐ回復するのって羨ましい…十文字ももう回復したんじゃないかなあ。

それはさてお置き、今回はがっつり木筒ちゃん回でした。家庭内での暴れっぷりは思念体に操られているとはいってもすごいギャップ!

お母さん片手で持ち上げてたし、てかお母さん気づこうよさすがに片手無理でしょ!?

しかも女なのに、なんかおかしい思うでしょ!と読んでいて思った今日この頃の私。

し・か・し、木筒に入った思念体はものすっごい悪い奴やなあ~、絵に描いたというか見事なまでのヒール(悪役)っぷりですよ!

やられるときの場面が浮かんでスカッと感が増しますよ、もうすでにやられっぷりに期待している。

そして、久々に米炊さんカッコイイ!そう心の中で叫んだ。最後の見開きページ前からの「俺が何とかしてやる!助ける!」みたいな!くゥ~…たまらんなぁ…。

初めはお笑い担当みたいなところもあったというのに(主人公なのにね…)まさしく主人公補正が入ってカッコ良くなった米炊さん。

シチュエーションが雨というのも水も滴る何とやらというように男の良さをあげますよね。

このページの見せ方も作者のこだわりを感じる構成で読んでいてページをめくるごとに背中がぞわっとしました。

今後、恐らくノーマン一派との戦いは避けられませんが、ロゥ・リサインがなく、戦力的に不利の中どのうようにして勝負するのか米炊の作戦がカギとなるでしょう!次号も目が離せない!

公式LINE@友達募集中です!
気軽に質問等受け付けてますのでどんどん追加お願いします(`・ω・´)

暗号通貨ランキ君゛

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です