スポンサーリンク

バイカル社のBaikal Giant Nでマイニング!

先日紹介した「Baikal Giant N」が届いたのでマイニングを開始しました。

先ず届いた箱を持った瞬間「軽っ」ってなりましたw X10と比べると長さも短くコンパクトになっています。

起動時の音も静かで同じ部屋に居ても全く気にならないレベルなので、ASICに興味有るけど騒音が…って方でもお勧め出来ます。

Baikal Giant Nの詳細について

今回の新作の魅力は何と言っても消費電力が少ない事です。消費電力は60wなので1ヵ月稼働させても電気代は1000円程度になります。

対応アルゴリズムはCryptonight、Cryptonight-liteです。

詳しいスペックは前回の記事を参考にして下さい。

バイカル新作ASIC機Baikal Giant Nについて

2018.03.15

マイニングに必要な物

付属品は本体だけで電源は別途用意する必要が有ります。

X10を購入した時は電源まで用意して貰いましたが、今回は自分で用意しました。

電源を購入してから早速マイニング開始!っと思いきや電源が起動しません。

調べて見ると電源単独では起動しないようなので、単独で起動させる為には24ピンに「ATX電源検証ボード」を付ける必要が有ります。

用意する物
  1. 電源ユニット
  2. ATX電源検証ボード

気になる収益について

最新作にしては今までのASICと比べると現時点の収益率は悪いです。

現在のレートで1日の収益は1500~2500円くらいになります。今後も収益率は悪くなるかと思います。

Bitmain社が「Antminer X3」を発表しました。

X3はNの11倍のパワーを持っており、これが5月頃から出回るのでアルゴリズムがCryptonightの通貨は悲惨になるでしょう。

幸いX3はCryptonightしかアルゴリズム対応してないので、出回ったらCryptonight-liteに切り替えてマイニングした方が良さそうです。

まとめ

こう
今回の新作は機種代を回収するのに時間が掛かりそうです。

Cryptonight-liteが対応している通貨は現時点で1種類しかないので、5月以降どうなる事やら・・・。

取り敢えずマイニングはロマンって事で長期目線で続けます!


ビットコインを安全に保管・使用する事が出来るウォレット

 

ビットコイン・アルトコインをハッキングのリスクから守る事が出来ます





世界一出来高が多い・取引手数料が安い大人気の海外取引所

 


 

トレードするなら取引手数料0.1%のバイナンス。何と最大0.05%に割引




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)